AFP資格取得の難易度とは?

*

AFP資格取得の難易度とは?

AFP試験の難易度

前のページでは、AFP・CFPはファイナンシャル・プランニングに関する国家資格であり、これを取得することによって、日本国内に限らず世界でもファイナンシャル・プランナーとして仕事をすることができることをご紹介しました。

「国際資格」というと、取得するのが非常に難しいように感じられますが、実際の難易度はどうなっているのでしょうか?まずこのページでは、下位資格であるAFPの方から、その難易度について確認していきたいと思います。

AFP試験は、日本国内では日本FP協会という団体によって実施・運営されています。そのホームページには、AFP資格を取得するためには以下の3つの要件をクリアすることが必要だと明記されています。
①日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修を受講・修了すること。
②指定試験に合格すること。
③所定期限内に日本FP協会に登録すること。


詳しく見ていきましょう。
順番は前後しますが、まずAFP資格を取得するためには試験に合格することが要件として求められています。ちなみに、ここでいう「指定試験」というのはFP1級もしくはFP2級試験のこと。そう、AFPの試験というのは実はFP技能士の試験と共通なのです。つまり最低限、FP2級試験に合格していれば、②の要件はクリアということになります。

次に、「AFP認定研修を受講・修了すること」とあります。一口に「研修」と言ってもピンからキリまでありますが、AFPの認定研修に関しては、合計68単位以上からなる、なかなかボリュームのある研修だったりします。

ここで注目したいのは、前半の「日本FP協会認定の教育機関が実施する」の部分。この教育機関というのは主に受験指導校や通信教育会社が担っていて、そこが開講しているFP2級試験対策講座がAFP認定研修を兼ねていることも珍しくありません。つまり、そうした講座を受講・修了して、FP2級試験に合格することができれば、要件の①と②は同時にクリアということになります。

あとは、期限内に日本FP協会で登録を済ませれば良いのですから、それほど難しいことはありません。以上のことから、AFP資格取得の難易度は、FP2級の難易度とほぼ同じと言って問題ないでしょう。


次のページ:CFP資格取得の難易度とは?

>>FPに独学合格できる必勝の教材セット

AFP資格取得の難易度とは?関連ページ

CFP資格取得の難易度とは?
CFP試験の難易度 AFP・CFPとFP技能士はまったくの別物ではありますが、前のページでも確認したとおり、A […]
FPと似た名前の「 AFP・CFP」とは何か?
AFP・CFPとFP技能士の違い ここまでのページを一通り読むことで、複数の階級・複数の試験形式からなるFP試 […]
学科試験の試験科目ごとの難易度は?
易しい科目・難しい科目はどれ? FP学科試験の試験科目ごとの難易度を把握することの重要性については、前のページ […]
試験科目ごとの難易度を把握することの重要性とは?
科目別難易度を知ることで勉強法も変わってくる ここまで、FP3級、2級、1級の順に、学科試験と実技試験それぞれ […]
FP1級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP1級実技試験の難易度 前のページでご紹介した学科試験に引き続き、FP1級実技試験の合格率の推移 […]
FP1級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP1級学科試験の難易度 ここまで、FP3級ならびにFP2級の合格率・難易度について確認してきまし […]
FP2級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP2級実技試験の難易度 それでは早速ですが、学科試験に引き続き、FP2級実技試験の合格率の推移か […]
FP2級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP2級学科試験の難易度 前々ページ、前ページではそれぞれFP3級の学科試験ならびに実技試験の難易 […]
FP3級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP3級実技試験の難易度 学科試験と同様に、まずは実技試験の合格率について確認していきたいと思いま […]
FP3級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP3級学科試験の難易度 資格試験の難易度を把握するうえで客観的な物差しとなるのが、確固たる数字と […]