FPと似た名前の「 AFP・CFP」とは何か?

*

FPと似た名前の「 AFP・CFP」とは何か?

AFP・CFPとFP技能士の違い

ここまでのページを一通り読むことで、複数の階級・複数の試験形式からなるFP試験の全体像を把握していただけたものと思います。併せて、それぞれを比較することによって、自分が目指すべき階級の、おおよそのイメージを掴んでいただくこともできるでしょう。

さて、これからFP試験に挑戦する皆さんは、このサイトのほかにもいろいろなサイト、あるいは書籍などでFPについて調べていることかと思います。
すると、FPとは別の「AFP・CFP」という言葉をしばしば目にして、「これって一体何?」「FPとはどう違うの?」と悩まれた経験もあるいはお持ちなのではないでしょうか?そこでこのページでは、FPと名前のよく似た「AFP・CFP」についても簡単な解説を加えておきたいと思います。

まず、AFPの正式名称は「アフィリエイテッド・ファイナンシャルプランナー」で、CFPの正式名称は「サーティファイド・ファイナンシャルプランナー」。この名称からもわかるとおり、どちらもファイナンシャル・プランニングに関する資格です。
ただしFP3~1級試験に合格することで取得することのできるFP技能士資格が国家資格であるのに対して、AFP・CFPはあくまでも民間資格であるといった違いがあります。

民間資格というと一般的には国家資格よりもレベルが落ちるイメージがあるかもしれません。確かに、国家資格は国からお墨付きを得た資格ですので、たとえば独占業務が与えられるなど、国内では無類の強さを発揮します。

しかし、AFP・CFPが通常の民間資格と異なるのは「国際資格」である点です。国際資格というのは、その資格制度を導入している国では共通して認められる資格のこと。つまり、日本でAFP・CFP資格を取得すれば、この制度を導入している国(世界20か国以上と言われています)でもAFP・CFPを名乗って活動することができるといったメリットがあります。これは、国家資格すなわち国内限定の資格であるFP技能士にはできない芸当です。

とは言え、FP技能士とAFP・CFPの間に優劣はありません。あくまでも自分の目的に合致した資格の取得を目指すべきでしょう。
なお、AFP・CFP試験は、2つある試験機関のうち日本FP協会でのみ受験することができます。


次のページ:AFP資格取得の難易度とは?

>>FPに独学合格できる必勝の教材セット

FPと似た名前の「 AFP・CFP」とは何か?関連ページ

CFP資格取得の難易度とは?
CFP試験の難易度 AFP・CFPとFP技能士はまったくの別物ではありますが、前のページでも確認したとおり、A […]
AFP資格取得の難易度とは?
AFP試験の難易度 前のページでは、AFP・CFPはファイナンシャル・プランニングに関する国家資格であり、これ […]
学科試験の試験科目ごとの難易度は?
易しい科目・難しい科目はどれ? FP学科試験の試験科目ごとの難易度を把握することの重要性については、前のページ […]
試験科目ごとの難易度を把握することの重要性とは?
科目別難易度を知ることで勉強法も変わってくる ここまで、FP3級、2級、1級の順に、学科試験と実技試験それぞれ […]
FP1級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP1級実技試験の難易度 前のページでご紹介した学科試験に引き続き、FP1級実技試験の合格率の推移 […]
FP1級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP1級学科試験の難易度 ここまで、FP3級ならびにFP2級の合格率・難易度について確認してきまし […]
FP2級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP2級実技試験の難易度 それでは早速ですが、学科試験に引き続き、FP2級実技試験の合格率の推移か […]
FP2級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP2級学科試験の難易度 前々ページ、前ページではそれぞれFP3級の学科試験ならびに実技試験の難易 […]
FP3級実技試験の難易度とは?
合格率に見るFP3級実技試験の難易度 学科試験と同様に、まずは実技試験の合格率について確認していきたいと思いま […]
FP3級学科試験の難易度とは?
合格率に見るFP3級学科試験の難易度 資格試験の難易度を把握するうえで客観的な物差しとなるのが、確固たる数字と […]