FPの教材に入る、問題集の区分とは

*

FPの教材に入る、問題集の区分とは

FPの教材といえば、テキストと問題集が「二大教材」になっているような実態があります

ところで問題集にも2種類がありますね。「過去問題集」と「予想問題集」です。

・過去問題集とは
近年のFP試験に、実際に出された問題を収録したものです。
なぜこれが重要なのかは、改めて説明するまでもないでしょうか? 実際に出された問題はとても参考になりますからね。

問題集とだけ書いた場合、イコールで「過去問」を意味することだって珍しくありません。
過去問は、数回分、数年分を確実に入手して、確実にやり込む必要性があります。

・予想問題集とは
これは作成者がFPの過去問題等を研究して、本番の試験に出されそうな問題を作成してまとめたものです。

過去問に比べれば、(このような書き方は少し残念ですが)重要性は落ちるでしょう。FP受験者は過去問をまず先にやるべきなのです。
というわけで、予想問題集は過去問を徹底的にやったあとから手を伸ばすべき教材となります。
受験勉強の最中に時間があまったようなときは、手を出すのもいいでしょう。

問題集は、市販されているものもたくさんありますし、学校や通信講座に申し込んでいれば黙っていても送られてくるはずです。どちらにしても、まず2種類に分けられることと、大きな違いがあることを認識してからめくるべきでしょう。


次のページ:FPの教材にDVDは入り用?

>>FPに独学合格できる必勝の教材セット

FPの教材に入る、問題集の区分とは関連ページ

FP2級試験に何時間の学習で合格できるのか
FP2級の勉強時間は、3級から受ける場合と3級を飛ばして受ける場合とで、分かれると思ったほうがよいでしょう や […]
FP合格者が滔々と語る、CDの効用
FPは忙しい受験者にこそ、相性が良い教材なのだそうです FPの勉強では、時間を無駄にしないことが大切です。限ら […]
FPの教材にCDは入り用?
FPの勉強は、とても短い時間をやりくりする感覚で進めないといけません FPの受験者のほとんどは、「FPだけを毎 […]
FPの教材にDVDは入り用?
FPの通信講座の教材で、絶対に欠かせないものといえばテキストと過去問題集ですね ただし、見方を変えた場合は、こ […]
FP試験の教材選びのポイント
FP3級を受験する人のための教材の選び方 FP3級を受験する人というのはFP試験初挑戦であるだけでなく、お金に […]
FP試験の教材選びで留意すべきこと
複数の級からなるFP試験は、そのぶん教材のバリエーションも豊富 FP試験の独学用の「教材」は、テレビや新聞、役 […]